中外製薬が6月13日、腎性貧血治療薬エポジン(一般名:エポエチンベータ)」と白血球減少症治療薬ノイトロジン(一般名:レノグラスチム)」の一部ロットについて、自主回収を決定した(同社の発表はこちら)。厚生労働省の「生物由来原料基準」に合致しない原料を使って製造したものがあることが判明したためだ。

ログインして全文を読む