厚生労働省の研究班がこのほどまとめた、全国がん(成人病)センター協議会(以下、全がん協)加盟施設における4種類の5年生存率によると、3つの要素によってリスク調整を行っても、その成績に大きな格差があることが分かった。

リスク調整しても癌生存率に大きな格差の画像

ログインして全文を読む