医療制度改革関連法案が、6月14日の参議院本会議で可決成立した。健康保険法・老人保健法および医療法の改正が柱で、今年10月から順次施行される。これらのうち、健保法・老健法関係の改正点には、医療保険制度の持続的・安定的な運営を確保するための様々な施策が盛り込まれている。

高齢者に負担強いる改正健保法が成立の画像

ログインして全文を読む