「『再狭窄さえ起こらなければいい』と症例を問わず薬剤溶出ステント(drug-eluting stent:DES)を用いる施設がある一方で、DESによる遅発性ステント血栓症(late stent thrombosis:LST)の発症を懸念し、極端に使用を控えている施設もある。だが、国内外のエビデンスを基に考えれば、DESの適応は本来、一致するはずだ」――。こう疑問を呈するのは、名古屋第二赤十字病院(名古屋市昭和区)循環器センター部長の平山治雄氏。

PCI症例に対する適応に大きな施設間格差の画像

ログインして全文を読む