福島県の泉崎村立病院で、将来の院長含みで赴任した医師が、わずか1カ月で退職したことが話題になったのは2004年10月のこと。同病院は現在どうなっているのだろうか。2005年4月から赴任した圓谷幸雄氏に、現在の心境を語ってもらった。

閉塞感に押しつぶされる医師のホンネの画像

ログインして全文を読む