「21世紀のアレルギー診療を模索する」。これが第18回日本アレルギー学会春季臨床大会のテーマだ。同大会の会長を務める聖マリアンナ医大内科教授の中川武正氏に、このテーマの狙いを聞いた(同学会は、5月30日(火)〜6月1日(木)の3日間、東京都新宿区の京王プラザホテルで開催)。

アレルギー学会春季臨床大会会長・中川武正氏に聞くの画像

ログインして全文を読む