後発品の品質をめぐる議論の中で、よく出てくるエピソードとして「錠剤がそのまま便の中に出てきた」という話がある。後発品は錠剤の品質が悪いため、消化管内で十分に溶解しない場合があり、安定した薬効が期待できないというわけだ。よくよく聞くと、実際に本人がそれを経験したのではなく、伝え聞きであったりもするのだが。

「オレンジブック」を読み解く(2)の画像

ログインして全文を読む