糖尿病性腎症の早期腎症期の患者については、糖尿病・腎臓専門医の約半数は正常血圧(130/85mmHg未満)であっても、降圧薬による治療を始めていることが分かった。これは東京医大八王子医療センター糖尿病・内分泌・代謝内科助教授の大野敦氏らが、このほどまとめた調査結果。

糖尿病性腎症早期は正常血圧でも治療の画像

ログインして全文を読む