百日咳が流行している。成人では軽症で済むことが多いが、問題は、重症化する可能性が高いワクチン未摂取児への感染源となってしまうことだ。診断は、血清診断で抗体価の上昇を確認するが、結果が出るまでに数日かかることなどから、家庭に幼児がいるような患者では、検査結果を待たずにマクロライド系抗菌薬を投与するのが一般的だ。 

慢性咳嗽の2割は百日咳の画像

ログインして全文を読む