今回の改定で最も痛手を受けたのは、実は急性期型の病院かもしれない。減収という経済的な打撃に加え、精神的なショックが大きかっただろう。これまで紹介率向上に大きな努力を払ってきたのに、「機能分化・連携に必ずしも十分寄与していない」(厚生労働省)という理由で、紹介率を要件とする様々な加算が廃止されたからだ。

「紹介率廃止」で変わる?診療所の役回りの画像

ログインして全文を読む