国立成育医療センターの「妊娠と薬情報センター」がこのほどまとめた2005年度の事業報告によると、昨年10月から今年3月末までの半年間で受け付けた相談件数は111件で、精神・神経系薬や風邪薬に関するものが多かったことが明らかになった。

妊婦の薬相談の大半は精神・神経系薬の画像

ログインして全文を読む