4月上旬、日経メディカル オンラインは、薬局・薬剤師向け雑誌『日経ドラッグインフォメーション』と共同で、医師を対象とした「後発品」に関するインターネット調査を実施した。多くの医師は、代替調剤に対する抵抗感が少なく、今後は後発品の使用が増えていくと予想していた。

医師の8割超が「後発品の使用は進む」と予想の画像

ログインして全文を読む