「この薬は、禁煙を望むスモーカーにとって、確実に福音になる」。そう断言するのは、東京都世田谷区で開業する医師の永倉俊和氏(用賀アレルギークリニック院長)。「この薬」とは、米ファイザーが開発した、経口禁煙治療薬「バレニクリン」のことで、永倉氏は、同薬の国内での臨床試験に参加した医師の1人だ。

期待の「経口禁煙治療薬」が米で登場間近の画像

ログインして全文を読む