「今回の学会は若手を積極的に登用したのが特徴」−−。第80回日本感染症学会総会・学術講演会の会長を務める東邦大微生物学教授の山口恵三氏は、こう強調する。第80回という節目の学会の見どころについて、山口氏に聞いた(同学会は、4月20日(木)、21日(金)、東京都港区で開催)。

感染症学会総会会長・山口恵三氏に聞くの画像

ログインして全文を読む