国立病院機構長野病院(長野県上田市)は2005年12月から、院外処方せんの様式を改め、その最下部に「銘柄指定の指示がない限り、薬効別薬価基準における同一薬品の範囲内で代替調剤を認めます」という一文を記載した。この4月からスタートした国の施策を先取りした格好だ。

代替調剤は処方せんの約2割で実施の画像

ログインして全文を読む