第50回日本リウマチ学会総会・学術集会が、4月23日(日)〜26日(水)、長崎市で開催される。今回のテーマは「リウマチ学の半世紀を鑑み、リウマチの治癒を目指す〜蘭学発祥の地から世界へ〜」。第15回国際リウマチシンポジウムも併催され、世界のリウマチ診療の最新知見が集結する。学会長を務める長崎大第一内科教授の江口勝美氏に、今学会の見どころなどについて聞いた。

リウマチ学会会長・江口勝美氏に聞くの画像

ログインして全文を読む