抗うつ薬であるSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)の適応拡大が進み、「人前でスピーチがうまくできない」など、これまでは「あがりやすいだけ」と片付けられがちだった症状も治療の対象になりつつある。

人前で話せない「上がり症」にもSSRI有効の画像

ログインして全文を読む