2001年に既存治療で症状をコントロールできない気管支喘息を適応症としてIgEに対する抗体であるオマリズマブ(商品名ゾレア)が使用可能になってから、重症喘息に対する抗体医薬が次々と承認されている。吸入ステロイドを中心とした吸入療法の選択肢が数多くある中、抗体医薬は必要だったのか。長年、呼吸器診療に携わり、喘息診療ガイドラインの作成委員長も務めた国立病院機構東京病院名誉院長の大田健氏に喘息診療における抗体医薬の意義について聞いた。

抗体医薬で喘息の病態解明が進むの画像

ログインして全文を読む