岐阜県で最大の民間病院であり、地域がん診療連携拠点病院として多くの癌患者の診療を手掛ける木沢記念病院(岐阜県美濃加茂市)は、2017年11月から、自由診療の枠組みで、癌遺伝子パネル検査(癌クリニカルシーケンス検査)の提供を始めた。同病院を運営する社会医療法人厚生会の山田實紘理事長、同病院の北島康雄院長、石原哲副院長に、パネル検査を導入した経緯などについて聞いた。

民間病院が大学病院以上の先端医療を行うワケの画像

ログインして全文を読む