「働き方改革」は、医師については5年間適用が猶予され、医療界も参加して新たな制度を検討し、2年をめどに結論を出すことが求められている。社会から求められる医療サービスを維持するためには、医師の働き方の特殊性を踏まえた合理的な制度を検討することが重要であり、さまざまな立場から意見をぶつける必要があるだろう。

医師の「働き方改革」に向けた4つの論点の画像

ログインして全文を読む