2017年4月末、日本呼吸器学会は成人肺炎診療ガイドライン2017を刊行した。これまで肺炎診療のガイドラインは、成人市中肺炎(CAP:community acquired pneumonia)、成人院内肺炎(HAP:hospital acquired pneumonia)、医療・介護関連肺炎(NHCAP:nursing and healthcare associated pneumonia)と、肺炎の病型ごとの3つのガイドラインが作られてきたが、それを1つにまとめて単純・明確化し、非専門の医師にとっても使いやすくすることを目指した。

なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り込んだかの画像

ログインして全文を読む