2016年3月1日に出た認知症患者による列車事故に対する最高裁判決は、「単に成年後見人や配偶者や子であるというだけで、法定の監督義務者として、責任無能力者の加害行為の責任を負うものではない」とした上で、「責任無能力者とのかかわりの実情や行われていた看護や介護の実態等諸般の事情を総合考慮して、その者が精神障害者を現に監督しているかあるいは監督することが可能かつ容易であるなど衡平の見地からその者に対し精神障害者の行為に係る責任を問うのが相当といえる客観的状況が認められる場合には、法定の監督義務を負う者と同視してその者に対し民法714条に基づく損害賠償責任を問うことができる」との規範を示しました。そして、

認知症患者列車事故判決に隠されたインパクトの画像

ログインして全文を読む