生体肝移植を行った7例中4例が術後早期に死亡したと今年4月に報道されて以降、その動向が注目されている神戸国際フロンティアメディカルセンター(KIFMEC)。日本移植学会と日本肝移植研究会が合同で生体肝移植に関する勧告を示したほか、神戸市がKIFMECに立ち入り検査を行い指導(関連記事)。その後、移植を再開したことは記憶に新しい(関連記事)。KIFMEC理事長の田中紘一氏に一連の報道についての感想と生体肝移植への思いを聞いた。

私は「この死を無駄にしない」と誓って歩き続けるの画像

ログインして全文を読む