毎年改訂される「死亡診断書記入マニュアル」。実は今年3月の改訂で大きな変更が行われており、関係者の間で話題になった。医師法21条の解釈を巡り、これまで現場に混乱を招いていた表現がようやく見直されたという。今改訂に至るには、いつき会ハートクリニック院長の佐藤一樹氏による4年に渡る厚生労働省への働きかけがあった。これまでの経緯を佐藤氏に伺った。

「医師法21条」の誤解、ようやく解消への画像

ログインして全文を読む