医師であり、3Dコンピューターグラフィックス(computer graphics:CG)クリエイターの瀬尾拡史氏(30歳)は2012年、サイエンス・医学専門の3DCG制作会社である株式会社サイアメントを設立した。2014年には総務省「異能vation」プログラムに採択されるなど、その専門性と高い技術力は注目を集めている。おそらく日本でただ一人の「医師免許を持つ3DCGクリエーター」が目指す未来とは。

「3DCGクリエイターになるために東大理三に進学しました」の画像

ログインして全文を読む