横浜内科学会は2015年度から、製薬企業のMR(医薬情報担当者)に研修制度を立ち上げる方針を明らかにした。同学会の会長を務める宮川内科小児科医院(横浜市保土ケ谷区)院長の宮川政昭氏は、制度創設の目的を、臨床医がMR向けに講習会を開催し、医師が日常臨床の場でどのように診療をしているのか、MRにどのような情報を求めているかを伝えることで「地域医療を担う上で、臨床医とMRがより適切な関係を築くきっかけにするのが目的」と説明する。なぜMR研修制度を発足するのか――。宮川氏にその真意を聞いた。

横浜内科学会がMR研修制度を作る理由の画像

ログインして全文を読む