2014年4月、国立がん研究センター(以下、国立がんセンター)は診療科長の全面的な公募による選任を実施した。診療科長の公募は、国立がんセンターの新ビジョンを推進させる一環で実施したものだ。公募の狙いと新ビジョンの目指す方向性を、理事長である堀田知光氏に聞いた。(聞き手:土田絢子=日経メディカル)

がんセンターは新しい医療作る医師・研究者の梁山泊としたいの画像

ログインして全文を読む