国内での導入実績を伸ばしている内視鏡下手術支援ロボット「da Vinci サージカルシステム」(ダビンチ)。10月にはダビンチ本体および周辺機器が値下げされ、新機種「Si-e」も発売された。さらに、保険適用を目指して腎癌や胃癌の先進医療もスタートした。ダビンチの今後の展開について、製造販売元であるインテュイティブサージカル社長の上條誠二氏に聞いた。

手術支援ロボットda Vinci、25%値下げの真意は?の画像

ログインして全文を読む