予期しない死亡事故が発生した際に院内での医療事故調査を義務づける法律が6月18日、参院本会議で賛成多数で可決、成立した。今後は、来年10月からの施行に向け、厚生労働省が院内事故調査の手順などを具体的に示したガイドラインを策定する。ガイドライン案策定の研究班長を務める全日本病院協会会長の西澤寛俊氏に、研究班の今後の活動とガイドライン案策定の論点を伺った。

「事故現場にいた医療者が正直に発言できる仕組みを作りたい」の画像

ログインして全文を読む