2013年8月15日木曜日夜、京都府福知山市の花火大会会場で、屋台のガソリン引火による大きな爆発が起こりました。約60人の死傷者が出た今回の事故で、私が勤める福知山市民病院には45人の被災者が運ばれてきました。当院は地域の救急拠点病院であり、事故現場から1.6kmと近い場所に位置するからです。

花火大会事故当日の病院対応を振り返るの画像

ログインして全文を読む