今年3月27日福岡地方裁判所は、「非専門医がTIAを見逃した結果、脳梗塞を発症して麻痺が残った」として、当該患者を診察した村上華林堂病院(福岡市)に対し、「慰謝料400万円と弁護士費用40万円支払い」という病院敗訴の判決を下した。だが、非専門医にTIAを正しく診断せよ、とする判決を疑問視する声も多い。同院院長の司城氏と理事長の菊池氏に話を聞いた。(初出:日経メディカルCadetto 2012 Summer「ニュースな人の私の視点」)

「非専門医でも診断できて当然」に違和感の画像

ログインして全文を読む