筑波大水戸地域医療教育センター総合診療科教授の徳田安春氏は9月12日の厚生労働省「臨床研修制度の評価に関するワーキンググループ」の席上、医師臨床研修制度の必修化前後で、医師の臨床能力がどのように変わったかに関する調査の結果を公表した。これは今年3月11日、The Journal of Emergency Medicine電子版に掲載されたものなぜこのような調査を行ったのか、またその結果どのようなことが分かったのか。論文を執筆した徳田氏に話を聞いた。

新医師臨床研修制度で内科救急の臨床能力は上がったの画像

ログインして全文を読む