2011年4月8日、横浜市立大学医学部長の黒岩義之氏が大学当局より、医学部長の職を同30日付けで解くと通告された。これに対して黒岩氏は横浜地裁に地位保全の申し立てを行い、黒岩氏が議長を務める全国医学部長病院長会議の有志が「解任は人事裁量権の逸脱」と声明を出すなど、注目を集めていた。5月12日には「大学側は黒岩氏の解任を撤回し、黒岩氏は7月31日付けで医学部長を辞任する」という横浜地裁による和解案を、大学、黒岩氏の両者が受け入れている。和解までの経緯について黒岩氏に話を聞いた。

忸怩たる思いで受け入れた医学部長辞任の画像

ログインして全文を読む