日本の医学界ではまだまだ男性医師が中心となっており、女性医師は周辺的な立場にある。女性医師が働きにくい労働環境の背景には何があるのか。教授や医学部長などの指導的な地位にいる女性医師が極端に少ないのはなぜだろうか。性別に関係なく働きがいを感じられる環境を構築するために、ジェンダーの視点から、医学界の現状と問題点、対策について考える。

ログインして全文を読む