被災地では急性期が過ぎ、“みんなで頑張ろう”という震災当初の一体感が徐々に薄れてくることが予想される。経済的な損失の違いなど、被災者間にある“格差”が顕在化してくるのもこれからだ。中にはコミュニティーから外れる被災者も出てくるだろう。既に自殺企図者の報告も出ているが、被災地では今後、自殺問題が深刻化する恐れがある。

自殺予防も念頭に被災者の診療をの画像

ログインして全文を読む