法律関係者による「財団法人比較法研究センター」が昨年9月に「医療と法ネットワーク」を立ち上げ、今年1月より会員の募集を開始した。比較法研究センター理事長で医療と法ネットワークでも責任者を務める、関西大学法学部教授の永田眞三郎氏に話を聞いた。

新しい組織で医療と法のあつれきをなくしたいの画像

ログインして全文を読む