「あなたにぜひ○○病院に来ていただきたいのですが…」。ある日、突然こんな電話がかかってくるかもしれない。新医師臨床研修制度以降、水面下で増えつつある医師のヘッドハント。日本で数少ない医師ヘッドハンターであるサーチファーム・ジャパン代表取締役の武元康明氏に医師ヘッドハンティングの実態と、現在の日本の医療界における意味を語ってもらった。(聞き手:風間浩=日経メディカル オンライン)

医師のヘッドハントはこう行われているの画像

ログインして全文を読む