医学部時代からコンピューター・オタクを自認する私は、米Apple社が開発したタブレット型コンピューター「iPad」の日本での発売を心待ちにしていた。iPadは、これまで同社が出してきた「iPod touch」や「iPhone」のタッチパネルや機能などを踏襲しつつ、電子書籍も読めるといったメリットが話題になっている。本稿では、実際にiPadを手にして考えたことをつづってみたい。

iPad─「夢の端末」を手に開業医が考えたことの画像

ログインして全文を読む