私は昨年8月にFDAを訪問し、リスクコミュニケーションの担当者へのヒアリングを行いましたが、中でも印象深かったのは、たとえ検討の途中であっても、疑わしいと思われる情報は早めに公表(early communication)するようにしていることです。

リスクコミュニケーションのすすめの画像

ログインして全文を読む