現在の日本は、急速な少子高齢化と生活環境の多様化により疫病構造が変貌しています。一方、医療技術はますます高度専門化・複雑化し、医師・薬剤師・看護師・コメディカル・事務職員など医療に従事する幅広い関係者を巻き込む失敗や危険の要素が増大しています。

「危険学」が変える医療安全対策 の画像

ログインして全文を読む