私は、今回の診療報酬改定についての報道には3つの盲点があると感じています。それらは、(1)薬価「隠れ引き下げ」を加えると全体改定率は実質0%であること、(2)プラス改定は政権交代の成果とは言えないこと、(3)医科・歯科の引き上げ率格差は露骨な利益誘導であることです。

ログインして全文を読む