兵庫医療問題研究会はこのほど、加古川市民病院での医療訴訟の判決に関するインターネット上の議論について、「公正な議論が行われていない」と声明を発表した。これは、研究会に所属する弁護士が担当した事件の判決について、医師を名乗る人物がインターネット上で開設する複数のブログで、裁判所で認定されていない内容があたかも事実のように広まり、判決や医療被害者に対して公正でない議論が行われていることを受けたものだ。

ログインして全文を読む