英国家庭医学会前会長のロジャー・ネイバー氏が2009年2月9日、「医療における安心・希望確保のための専門医・家庭医(医師後期研修制度)のあり方に関する研究」班会議の席上で講演した。英国では家庭医はどのような役割を果たしているか、そしてどのようにして家庭医を養成しているのか。また、ネイバー氏は日本では小児科や産科の医師不足が特に問題になっているが、家庭医を養成することが現状の改善につながると指摘した。

家庭医が日本の医師不足を救うの画像

ログインして全文を読む