紛糾を続ける「医療安全調査委員会」創設の議論。一方で、法医学サイドからは、異状死死因究明制度の確立を目指す議員連盟が「死因究明医療センター」構想を打ち上げた。医事紛争の防止、死因究明に、死後画像診断Ai(エーアイ)はどう位置づけられるのか。画像診断のプロでありながら、これまでこの問題であまり表に出てこなかった放射線科医の立場から、日本放射線科専門医会Aiワーキンググループ担当理事でもある千葉県がんセンターの高野英行氏が語る(編集部)。

Aiと剖検が独立した社会システムをの画像

ログインして全文を読む