7月13日に開催された、レジナビフェア2008 in 東京「医学生のための臨床研修指定病院合同セミナー」で、聖マリアンナ医科大学救急医学教授の箕輪良行氏が「ジェネラリストとは! 〜ジェネラリストという選択」をテーマに講演した。箕輪氏は、自らの各地での体験談を通じして、医学生にジェネラリストの魅力を説き、「日本の医療を救うのはジェネラリストです。医師を増やしても専門家が増えるだけで、日本の医療崩壊は止まりません。ジェネラリストになってください」と訴えた。

「ジェネラリストとは! 〜ジェネラリストという選択」の画像

ログインして全文を読む