諸外国と日本の感染症診療を比べると、異なる部分が少なくない。中には、多くの日本の医師が「欧米の方法がより良い」と感じているのに、長年の慣習や保険適用のしばりに阻まれて浸透していないものもある。

現場から声を上げ、日本の感染症診療を変えようの画像

ログインして全文を読む