日本の周産期医療は、未曾有の危機に直面している。なぜ今、危機が起こったのか、根本解決には何が必要なのか。日本産科婦人科学会の理事長を務める慶応大産婦人科教授の吉村泰典氏に、日本の周産期医療が抱える課題とその処方せんについて話を聞いた。

周産期医療の立て直しには「病院の集約化」をの画像

ログインして全文を読む