B型肝炎訴訟とは、昭和23年頃以降、乳幼児期に集団予防接種等を受けたところ、注射器(針、筒)の連続使用により、B型肝炎ウイルスに感染したことを理由に、感染被害者が集団で国に対して損害賠償請求をしている訴訟のことである。現在も各地で訴訟が起こされており、今後さらに一層増えるであろう。歴代政権に続いて現政権も、それらへの対応に苦慮している模様である。

ログインして全文を読む