2010年9月15日付西日本新聞(夕刊)に、「九州大学病院(福岡市東区)は15日、脳死になった人からの心臓移植を希望して入院中の重症心不全の患者が、補助人工心臓の管(カニューレ)が外れて意識不明の重体となる医療事故があったと発表した」という記事が掲載された。

ログインして全文を読む