東京医科大学の第三者委員会の委員長を務めた弁護士・名城大学教授の郷原信郎です。第三者委員会報告書の提言を受けた東京医大側から、再生委員会の立上げなど、提言の実行に関する助言等の業務に引き続き携わるよう依頼されていましたが、諸般の事情により、このたび、東京医大との契約をすべて解消することになりました。

ログインして全文を読む